峠の力餅
 

10・11・12月は何かと忙しく
実に2ヶ月ぶり!Σ(oдΟ;)
となってしまったNews更新…
 

そんな多忙中の11月7日(土)
この日を逃したら、今期は絶望的かも?

と早起きをし、行って来ました!




峠駅 とうげえき
※画像は前回2019.5のもの
 

峠駅は日本の秘境駅15選にも選ばれる
スイッチバックの遺構が残る秘境駅。


福島駅と米沢駅のちょうど中間、
JR奥羽本線最大の難所“板谷峠”にあり

豪雪地のため、スノーシェルターに
覆われた独特のホームでは、今では
JR東日本管区ではここのみ!となった

絶滅危惧職種「駅ホーム立ち売り販売」が
今なお健在です。





一日数本の列車が到着すると

「ちから~もちっ♪」

と売り子さんの声が響き、
峠駅の名物「峠の力餅」
販売されているといいます。





その由来は江戸時代まで遡る…

米沢上杉藩士が参勤交代時に通った
昔の奥州街道の峠路に、疲れた旅人に
食事を出す茶店がありました。

そこで働いていたご夫婦が、明治27年に
店を譲り受け「峠の茶屋」として開店し
裸一貫一旗揚げようと

福島-米沢間に鉄道を敷く工事に参加し
峠の茶屋自慢の「大福餅」を振る舞いました。

そんな姿が峠駅の初代駅長の目に留まり
「乗客に大福餅を振る舞ったらどうか」と、
明治34年、峠駅構内での大福餅立売販売
許可を得ます。

その際、小柄な店主がトンネル工事で
ひと一倍働いたことにちなみ大福餅の名を
「峠の力餅」へ変え、今へと至るといいます。






こんな物語を聞いてしまうと…

食べてみたい!
行ってみたくなる!


のが人の性 (^^;


駅ホーム大福立売は通年で販売して
いるようですが、峠の茶屋は豪雪地域
のため冬期は休業すると聞き調べると

山形県米沢市「峠の茶屋」まで
亘理から車で1時間半!

な~んだ、ご近所じゃん♪

こうしちゃいられない!

と駆けつけたのです。(*^ー゚)b


我が家では片道1時間半圏内を”ご近所”と定め、
日帰りで「ご近所観光」を楽しんでます。




 

お土産用の「峠の力餅」は
あんこ入りの大福ですが

茶屋では食事として様々な味の
お餅が食べられます。





メニュー豊富で悩んだ挙句
僕らが選んだのは

●ミックス餅(850円)
●大根おろし餅(700円)





ずっしりと身の締った腹持ち良い
昔ながらの ザ・おもち♪
 
どれも美味でしたが
とりわけ納豆餅が絶品!(( ´艸` ))





リピート決定!!!

次は絶対、単品で納豆餅だね♪

なんて帰路の車中盛り上がっていた
のですが、豪雪地につき茶屋営業は

11月中旬~4月中旬 冬期休業
※峠の茶屋HPはコチラ>>

( ;∀;)

ハ ル マ デ マ テ ナ イ ヨ …



ならば、再現すりゃいいんだ!

餅と納豆とネギがありゃできる。

いや待てよ、切り餅はあっても
つきたてのあの餅はどうすれば…

ネットで検索だ!

なんだ「レンチン」するだけか!
※レンジでもちもちつきたて餅(cookpad)>>
 

まぁ、
やってはみたんですけどね…
┐(´~`)┌


スーパーで買い揃えたものでは
本物には遠く及ばなかった訳で…

せめて、メインの餅だけでも
この切り餅を使えたら良かったのに。



 

こちらは逆に、年末限定販売!


宮城県が推奨するブランド米
もち米の王様「みやこがね」100%

米の専門店“みやぎのあられ”さんが
手がける年末限定の切り餅!

宅配会員さんへは、今年も
貯まったポイントと交換で
 




僕が買ってきます。

が、間もなくお申込み〆切。

数量限定と聞いているので
入手できるか否かわかりませんが
気になる方は“みやぎのあられ”さんへ
直接お問合せしてみて下さいね♪

※みやぎのあられHPはコチラ>>


どうやら今年の年末年始は
ステイホームの自粛ムードですが

せめて、より美味しいお餅で
心豊かに過ごしたいものです。


よいお年をお迎えください。



では、また





(代表:倉元靖武)

 



ご近所“米沢”のグルメ情報も届きます♪
  ↓↓↓



友だち追加 
   ↑↑↑
 ポチっと押すだけ♪ 

 



密かに…( ̄ b ̄) シィー

ネットショップオープン
  ↓↓↓


まだアイテムは極僅かですが徐々に増やしていきます。
只今は、店頭用R-1破格の大特価販売中です♪

?Gg[???ubN}[N??