あったかいんだか
寒いんだか…

ちょっと心配された
「冷凍餃子」のお届けが
2/19(金)に無事完了致しました!
 
 
今年の受注率は、なんと!

驚異の28%超え!!!





この業界では、レギュラー乳製品
以外の販売を“宅販商品”等と呼び
ちらし配布数に対し、注文数がいくつ
だったか?という受注率をひとつの
指標としています。

一般的に言われている受注率は
約5%前後ぐらいでしょうか?

でも、milkshopDELIの受注率は
10%は下回りません。


もちろん商品にもよりますが
特売もしますので10%以上の
ご注文数があります。


確かに、今回の「冷凍餃子」は
僕が買ってきます。” という
ポイント交換企画ではありますが

値引もなく、純粋に自社制作の
ちらしで案内しただけで

28%!

これは驚異的な受注率です。
 

でもですね…

この数字に一喜一憂していて
良いのでしょうか?
 

確かに、商材提供者さんから見れば
何個売れたかが一番の関心事です。


しかし、提案販売者である僕から
見た時もっとも大事な指標は
何軒の方が喜んでくれたか?

ここが大事だと思うのです。


例えば、昨年の夏に販売した





meiji ブルガリアヨーグルト
フルーツオンザボトム の
お試し特売


当店では、同時期に販売依頼のあった
明治産業の「うめ塩飴」も一緒に
チラシを配りご案内したのですが…





合算で何個売れたか?という

受注率は、100%超え!!!

(゚Д゚)ハァ?

こうなると、もはや
なんのための指標なのか?
わかりません…
 

そもそもは、商品ご案内客数に対し
何個売れたか?を売り手から見て

この商品は売れる!とか
この商品は売れないよ…とか、
あの店は売るね!や
あの店は売れないね…などの
評価をする指標だと思うのですが

1軒のお客様が1個しか買わない
とは限りません。

1軒のお客様が、大量購入すると
受注率は100%を超えることもある
ということ。

もちろん、大いに喜ばしいこと
なのですが、中間流通を担う我々
販売店がより気にすべき指標は

受注数率 ではなく
受注数率 ではないでしょうか?


我々が、吟味し厳選し提案した商品が
どれくらいのお客様を喜ばせ満足して
頂いたか?

この指標は、受注軒数率だと思うのです。


ちなみに受注個数率100%超えの
この企画は受注軒数率は20%でした。

明治のチラシも良く
新発売お試し企画として
割安感もあり、いつもより多くの
お客様に、複数注文頂きました。

一方、値引きもなく
お店に行けば売っている
せん家さんの冷凍餃子は?
というと



※企画内容はコチラ>>


受注個数率 28%
受注軒数率  9%

でした!


みんな大好き♪餃子といえど
スーパーに並ぶ冷凍餃子も
進化を続け、人気を博す中、

約10人に1人のお客様が
複数注文して頂いた!という結果に。
 


本年も多数のご購入
ありがとうございました!

\(^o^)/



やはり「モノ」から「コト」へ
なのです。

僕らはBOXに届けてるんじゃない
人へお届けしているんだ!

milkshopDELIだけでも
こうありたいと思うのです。

 

春には、3つの新規取り扱い商品と
プレミアムな朝食提案を致しますので


ご期待下さい!



では、また



(代表:倉元靖武)





他にはない楽しみがある宅配サービス店
milkshopDELI が、この商売の
カラクリを公開します!Σ(o>艸<)




友だち追加 
   ↑↑↑
 ポチっと押すだけ♪ 







TOPページへ>>
 
?Gg[???ubN}[N??