今まで続いていた物事を終わりにする
使用したものを元の場所に戻す

の意で使われる言葉
 

【仕舞う】(しまう)


「仕」という字は、
仕える、仕事をするなどの意味を持つ言葉。

「舞」という字は、
手足を動かして踊る、取り扱う、励ますなどの
意味を持ちます。


”終わりにする”という意の「しまう」に
「仕」はともかく、なぜ「舞」という
ポジティブな漢字があてられたのか?

という字の成り立ちにその訳が
あるようです。




日本舞踊協会HPによると

舞や踊りは神話の時代、
神に捧げるものであり
祈りの一つの形であり
神と交流するための原始的なもの
として生まれたといいます。


舞うことによって神に幸いを求め
無いからこそ他から求める…

人は舞って祈りを捧げてきました。
 

舞うという字は
「無」と「舛」を組み合わせています。

は踊る人の形を表していて、
衣の袖に飾りをつけ、袖をひるがえして
踊る人の姿だといいます。

は踊る足の形を表し、
無の下に組み合わせ躍動感を演出して
います。



※神楽を舞う竃炭治郎の父フィギュアと
 比べてもこの通り!




踊る姿だけではそれは静止画。

しかし足を付け、より動きを与える
ことでダンスをしている動画かの如く
読み取ることもできます。


無いものを求め(目的)
ダンスをする(結果)

切なる行為を表す漢字だといえます。


つまり「仕舞う」には
終わりにさせるというネガティブな
意だけでなく、片付け次へ進むという
ポジティブな要素を持ち合わせると

という字には感じられます。

常用漢字表外の読み方ですが
終う(しまう)とはニュアンスが
全く異なるように思うのです。





これは、事業を営む我々にとって
売上や利益といった数字も同様。

無いものを求め
強引に奪い合う
のではなく

祈りを捧げるかのように
華麗に舞う べきでは?
 
でも、僕らが舞を捧げるのは
神様 ではなく 世間様


どんな舞を捧げるのか?

舞の質を競い合い
舞の質を高め合う

これが正しい営業の姿では?・・・


\決めました!/
 

milkshopDELIを運営する
弊社の今年の漢字一文字は





  です。


右肩上がりの高度成長期に
生まれ育った僕ですが、
社会に出た途端にバブル崩壊!

失われた30年と揶揄される
デフレ経済下の日本で、
負けるもんか!もっと、もっと!
とやってきましたが

もうそれは、御仕舞いにします。


勝てるはずもない奪い合いで疲弊
するより、うち独自のを磨き
お客様に・世間様にそのを捧げる。

売上が足りない・・・
利益が足りない・・・
経費が足りない・・・と

自分ではコントロールできない
物価高等の社会情勢に構ってる
暇があるなら

自身のを磨き上げる

そのためにも仕舞い続け
簡素を極める!


Simple is Best!


そんな年にしたいと思います。





2023年もよろしくお願い致します。



では、また



(代表:倉元靖武)
 




●漢字の成り立ちもLINEで届きます。
 是非こちらも登録お願いします♪ 
   ↓↓↓



友だち追加 
   ↑↑↑
 ポチっと押すだけ♪ 



?Gg[???ubN}[N??